Wikipedia:Bot

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

日本語版ウィキペディアでのBotの方針について説明します。Bot(ボット)は、HTTPを使ってウィキペディアの作業を自動化するプログラムを指します。ウィキペディア上でBotを使う際は、このページの方針と、m:Bot policy(その和訳 m:Bot policy/ja)に書いてあることをよく理解し、守ってください。

ウィキペディアの編集は、人の手で行う方が好ましいです。なぜなら、Botはウィキペディアのシステムに負荷を与えやすく、また、機械的に編集された項目は読者にとってつまらないものになりがちだからです。さらには、動作に問題がある場合には影響も大きくなりがちです。たとえば英語版では、地方自治体の項目がBotによって大量(約30,000)に執筆されましたが、使用していたデータにミスがあり、約2,000項目に間違いが記載されました。

しかし、Botは作業を効率化する利点があります。よく設計されたBotは役に立つでしょう。

Wikipedia:Bot作業依頼にBotにやってほしい作業が依頼されます。よろしければ、こちらにもご協力をお願いします。

Botは、できるだけ有用で無害となるように運用しなければなりません。このため、Botを使用するにはこの方針に従ってください。

Botは原則として、通常の参加者と別にアカウントを取得して、そのアカウントで実行するようにしてください(これをBotアカウントと呼びます)。ただし、動作確認を行う場合や、Botを使っていることが普通の参加者に分からない程度にしか使わない場合には、わざわざアカウントを分ける必要はありません。また、BotアカウントはBot用途以外には(動作確認などを除いて)使用しないようにしてください。

後述する使用申請で審議の上で承認されたBotアカウントには、ビューロクラットがBotフラグを付与します。これはそのアカウントがBot用に使われていることを示すためのフラグです。Botフラグが付与されたアカウントによる編集は、デフォルトでは「最近更新されたページ」の表示からは隠されています。

Botについて次の6つの条件が満たされている必要があります。

Botアカウントの利用者ページには {{bot}} タグを使用し、Botの身元を明示してください。Botアカウントの利用者ページとBot使用申請との両方で、以下の情報を示してください。

一般論としてはサーバの負荷を気にしすぎない方がよいのですが、Botがページを頻繁に読み出したり速く編集したりすれば、通常の利用者より遥かに大きな影響を及ぼします。運用者は、無駄な読み書きのないよう注意し、編集速度をなるべく控えめにしてください。編集速度については、以下を目安にしてください。

管理者は、Botの動作が不適切でウィキペディアに悪影響を及ぼすと考えられる場合に、投稿ブロックして動作を止めることができます。(オペレータが {{Emergency-bot-shutoff}} を利用者ページに貼り付けている場合、これを利用することで自動的に要約を記入できます)

Botの仕事内容が以下に当てはまる場合は、これらの注意事項を守ってください。 / Respect the following guidelines for certain tasks.

Botの本格運用までの手順は次のとおりです。実際はこの手順通りに行かない場合もありますので柔軟に対応してください。

申請は以下のように審議します。

通常の処理速度では長時間に及んでしまうような場合は、速度を上げて処理時間を短縮させることが出来ます。それには以下の手続きが必要です。

一年間、Bot運用者のアカウントとBotアカウントの両方ともにウィキペディア日本語版での編集記録がない場合、Botフラグは自動的に除去されます。自動除去の手続きは、以下のように定めます。

もし、新たな種類のBotがある場合には追加してください。