シカ

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

シカ(鹿、英語: Deer)は、鯨偶蹄目シカ科 (Cervidae) に属する哺乳類の総称である。ニホンジカトナカイヘラジカなどが属しており、約16属36種が世界中の森林などに生息している。

オスは枝分かれしたツノを持ち、枝角(アントラー)と呼ばれる。多くのシカ科のメスはツノを持たないがトナカイはオスメス共にツノを持つ。ウシ科の動物のツノ(洞角)は骨の芯を角質が覆っており生え替わらずに一生伸び続けるが、シカのツノ(枝角)は骨組織からなり、毎年生え替わる。春季の生えたばかりの角は柔らかく表皮に覆われているが、秋季の骨化した角は固く、表皮は脱落する。

体の大きさは体重6-8kg程度のプーズー (チリに生息) から、体重800kgにも及ぶヘラジカ (ムース) まで様々である。

草食性で、ウシのように4つに分かれたを持ち、反芻による消化を行う。

シカ科には現生のもので約17–19属、三十数種が属する。次のような分類体系が提唱されている[1]

なお、カモシカウシ科ジャコウジカジャコウジカ科であり、真のシカではない。

日本国内で単にシカと言うときは、ニホンジカ Cervus nippon を指すことが多い。1980年昭和55年)頃に房総半島で野生化した外来種キョンを除き、ニホンジカは日本に分布する唯一のシカ科動物であり、大きな哺乳類の少ない日本ではニホンカモシカと並ぶ代表的な大型動物である。

なお、ニホンジカは、他国に分布する亜種も含め、英語では一般的に「sika deer」(「sika」は日本語の「シカ」に由来)と呼ばれる。

日本の文化におけるシカについては「ニホンジカ#日本人と鹿」の項も参照。

世界各地の山野に数多く生息していたシカ科の動物はほとんどの民族の文化に対して古くから重要な影響を与えていたと思われる。後世の文化においては、シカは「俊敏」「非力」などの象徴として、また時には峻険な山岳地の象徴として用いられることがある(カモシカも参照)。

日本では鹿肉のことを「もみじ」と呼び、様々な肉料理に調理される。味は一般に柔らかい牛肉に近い。「もみじ」という呼び名は馬肉を「さくら」、イノシシ肉を「ぼたん」と呼ぶのと同様の隠語で、鹿肉は「鹿」が秋の季語であることから紅葉を連想したもの、あるいは花札の「鹿にもみじ」の絵札から連想したものとされる。

鹿の皮は細かい繊維が緻密に絡み合った独特な構造をしており柔らかで滑らかである[3]。鹿革(ディアスキン)は通気性や保温性に優れ手袋や衣料に用いられる[3]。日本では武具の材料としてよく用いられた[3]

また、油でなめしたものをセーム革といいカメラのレンズや宝飾品の汚れ落とし、洗車用品、ガソリンのろ過などに用いられる[3]

枝角はナイフの柄やボタンなどに用いられている。鹿の枝角は、アントラ(Antler)と呼ばれている。鹿の角(鹿茸)は乾燥粉末や黒焼末は様々な効能を持つとして民間療法で用いられる。

体重が1トン前後になるヘラジカは道路で交通事故に遭うことがある。その体重ゆえに衝突衝撃で車両に乗車している人間及び車両に多大な影響を与える。視界の悪い屈曲部などで衝突した車両にあっては、時に運行できなくなるほど大破する。北欧では事故に遭ったヘラジカ(エルグ、エルク)により雪上に数mにわたって路面が血にそまり、観光客を驚かすことがある。したがって日本国内における野生動物保護における小動物の警告や注意喚起とは若干主旨が異なる。群れのいる地域や生息が確認されている地域では「野生動物に注意」と共に「エルグに注意」との交通標識がありヘラジカの絵が描かれ衝突事故への注意を喚起している。

日本国内においても、エゾシカが増加している道東・道北では群れが活発に移動するを中心に衝突事故が多発するため、ビラなどで注意喚起が行なわれる。エゾシカはニホンジカの中でも成体が100キログラムを超える大型の亜種であり、衝突すると車両が大破することがあり注意が必要である。なお、競馬用の競走馬の体重は500キログラム程度である。

シカと鉄道車両との衝突事故は長年の懸案であるが、ライオン糞尿を線路に散布する方法が考案実用化されてから事故は激減した。シカがライオンの匂いに怯えて線路に立ち寄らなくなるからである。しかし、減少したとはいえ個体数が多いために、北海道では根室本線を中心に毎日のように衝突事故が発生することがある。自動車エゾシカの衝突例も非常に多い。エゾシカは自動車を怖がらず、クラクションを鳴らしても逃げなかったり、路上で立ち止まる性質があり、高速で正面から近づいても逃げずに正面衝突にいたる事例が多い。特に北海道では自動車もスピードを出すため、エゾシカに気づいてからクラクションを鳴らしてもエゾシカは逃げず、衝突する事例が多い。根室管内だけでも、1年間に300から400件の衝突事故があり、平均すると1日1件以上となる。

シカと列車の衝突事故の原因が究明されるなかで、シカは鉄分を摂取するために鉄道敷地内へ入り、線路を舐めるのが原因で列車と衝突することが発見され、シカの誘引材が開発され、2016年度グッドデザイン賞を受賞した[4]

近鉄全線においても、2008年(平成20年)の鹿との接触事故が129件、2015年(平成27年)には288件と増加傾向にあった。そこで近鉄は京三製作所、モハラテクニカと共同でシカとの共存をコンセプトに「シカ踏切」を開発した。2016年(平成28年)5月に大阪線東青山駅三重県津市)付近におよそ1km、2017年(平成29年)3月に榛原駅奈良県宇陀市から室生口大野駅(奈良県宇陀市)の間におよそ1km設けられた。「シカ踏切」とは、線路内侵入防止システムであり、列車運行時はシカの嫌う超音波を発出してシカの線路内侵入を防止する。このシステムを導入ののち、シカとの接触はほぼなくなったという[5]

福井栄一『日本の奇談・珍談101 古典の玉手箱から』2022年、共栄書房、ISBN 978-4763411044


ヘラジカ Alces alces
ダマジカ Dama dama
オジロジカ Odocoileus virginianus
奥日光より望む男体山(右側)と戦場ヶ原の鹿。
子供の鹿
車道に現れたシカ(2012年、群馬県)
シカ注意の標識