降水量

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

案内

ヘルプ

ツール

印刷/書き出し

降水量(こうすいりょう)とは、大気から地表に落ちたを含む)の量。気象台雨量計や、アメダスなどで観測し、計測する。通常、水に換算した体積を単位面積除した値を mm (ミリ)単位で表す。

雨量計で観測する降水量とは、一定時間の間に雨量計に入ったなどの体積の合計を指す。つまり、降った(物質としての「 (H2O)」の)量が降水量である。

降水量は0.5mm単位で計測され、10分間降水量、1時間降水量、日降水量などとして発表される。なお、1967年までは0.1 mm単位で計測されていた。

雨の量だけの場合は雨量(降雨量)、雪の量だけの場合は降雪量などとも言う。寒冷地用の雨量計は、ヒーターで雪などを溶かして測定する。

雪に関しては、降った量は降水量として雨量計で観測されるが、積もった量は積雪深として積雪計で観測される。これは、積雪気温や地表の温度に左右され、また雪と雨では密度が異なるためである。

日降水量では、日付を区切りとし、0時01分から24時00分までの24時間の降水量を表す。日降水量では、深夜から未明にかけての集中豪雨など24時をまたぐ降水では2日間に分けられるため、雨の激しさをうまく表せないことがある。これを補うものとして任意の24時間で計算する24時間降水量がある。例えば、静岡では2004年6月30日に静岡地方気象台で観測史上最大の 368 mm の雨量を記録したが、これは日降水量に関する記録である。24時間降水量では1974年に起こった七夕豪雨で、508 mm と日降水量を大幅に上回る記録をもっている。

同様に、最大1時間降水量も任意の1時間の降水量の最大値を表す。24時をまたぐ期間に激しい雨が降った場合、最大1時間降水量が日降水量を上回ることがある。

過去の大雨のデータから統計学的に推定して算出した降水量。

ある現象が平均的に何年に1回起こるかを表した値を「再現期間」と言い、ある再現期間に1回起こると考えられる降水量を「確率降水量」と言う[1]

確率降水量は、学術研究防災計画、河川計画などにおいて、大雨に関する地域特性を知るための基礎資料として利用されるが、平年値や極値・順位値など、普段発表されている実際の雨量を示す降水量とは質の異なる「統計値」であることに注意が必要である。また、確率降水量の「リスクマップ」は、稀にしか起こらない極端な大雨の強度や頻度を示したもので、災害の強度や頻度を直接示すものではない[2]

降水量が1時間1 mmとなる水の量とは、1 m2の面積に1 mm、つまり100 [cm]×100 [cm]×0.1 [cm]=1000 [cm3]=1 [L]なので、直立した人の上 (50 [cm]×50 [cm])に30分で125 mLの水が降る量である。ニュース番組ではしばしば、「1時間当たりx mm」は「x mm/h」と表記され、単に「xミリ」と読まれる。

天気予報では「晴れ時々雨」や「晴れ一時雨」などの表現が用いられる。日本では「時々」「一時」「のち」は次のように用いられている[3][4][5][6]

気温乾球温度) • 湿球温度露点温度温位相当温位相当温度気温減率気温傾度) • 湿度相対湿度) • 絶対湿度湿数蒸気圧混合比比湿海水温

大気圧気圧傾度風向風速風力) • 渦度大気安定度CAPECINSSI ...)

降水量 • 積雪量降雪量雲形雲量雲高

日射量日照時間太陽放射視程滑走路視距離天気飽和水蒸気量

体感温度快適性指標不快指数WBGTETOTPMV • MRT...) • 実効湿度