欽明天皇

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

欽明天皇(きんめいてんのう、509年?〈継体天皇3年〉 - 571年5月24日?〈欽明天皇32年4月15日[1])は、日本の第29代天皇(在位:539年12月30日?〈宣化天皇4年12月5日〉 - 571年5月24日?〈欽明天皇32年4月15日〉)。

和風諡号天国排開広庭天皇(あめくにおしはらきひろにわのすめらみこと)。別名、志帰嶋天皇斯帰斯麻天皇(いずれも「しきしまのすめらみこと」と呼ぶ)。この代に、百済より仏教が公伝し、任那が滅亡した。

継体天皇嫡男、母は手白香皇女(たしらかのひめみこ、仁賢天皇皇女)



継体天皇手白香皇女との間の息子である。父親の継体天皇は第15代応神天皇から分かれ地方に土着した傍系の出自であった。継体は大王位を継承するに際し、先々代仁賢天皇の手白香皇女を皇后に迎え入れている。継体天皇は即位までの妃との間に他に沢山の子がいたが、嫡子は直系の手白香皇女との間の皇子であるこの広庭とされた。宣化天皇の妃が身罷った時に、先代安閑天皇の皇后であった春日山田皇女を中継ぎとして推薦したがこれは辞退され、まだ若い広庭が539年(宣化天皇4年12月5日)に即位した(欽明天皇)。欽明は応神の男系血統と、仁徳天皇以来の王朝の血統を継承したとされ、現皇統へと続く祖となった。

なお、大王が皇女を大后(皇后)に立てるという流れは、欽明が即位するまでに大王となった庶兄の宣化天皇安閑天皇でも、それぞれ継体に続いて手白香皇女の姉妹を大后に迎え入れ、さらに欽明自身も石姫皇女を大后に迎えており、維持されている。仁徳天皇を唯一の例外とするこの流れは、聖武天皇妃の光明皇后冊立まで続いた。

なお、記録上の即位年の不整合から、継体から欽明の即位までになんらかの政変があったのではとする仮説がある(後述)。

大伴金村物部尾輿大連とし、蘇我稲目宿禰大臣としたが、直後の540年(欽明天皇元年)大伴金村は失脚する。これにより物部氏蘇我氏の二極体制ができあがるが、特に蘇我氏とは541年(欽明天皇2年)に稲目の娘である堅塩媛小姉君を妃とし、敏達天皇崩御後、彼女らの間にもうけた用明天皇以降3人の弟・妹が、母親がれっきとした皇族である、甥の押坂彦人大兄皇子を差し置いて約40年皇位につき、蘇我氏の全盛期が築かれる(ただ、当時は親子よりも兄弟の継承が一般的であった)。

百済の聖明王とは541年より任那の復興について協議していたが、戦況は百済側に不利であり、552年には平壌漢城を放棄、さらに554年(欽明天皇15年)に新羅との戦で、聖明王が亡くなると新羅軍は勢いづき、562年に任那を滅ぼしてしまう。これに激怒した欽明天皇[注 1]562年(欽明天皇23年)に新羅に対して討伐軍を送るが、敵の罠にかかってしまい退却する[注 2]。同年高句麗にも軍を送っている(『三国史記』では554年に似た記述が存在する)。

なお、任那は一つの国ではなく十国が集まった連合であるという記載が『日本書紀』にある。

欽明と蘇我氏は、伽耶諸国に対する軍事外交権を百済に委任する代わりに大陸の文物の献上を約束させ、それによって権力を強化しようとした。

欽明天皇は、最後まで任那復興を夢見ながら崩御したという。第一皇子の箭田珠勝大兄皇子はすでに552年に早くに薨去していたため、554年に立太子させた渟中倉太珠敷皇子(敏達天皇)が即位した。

日本書紀』の「」の漢字の初出は欽明天皇十四年六月の条である。 「十四年(中略)六月。遣内臣〈闕名。〉使於百濟。仍賜良馬二疋。同船二隻。弓五十張。箭五十具。勅云。所請軍者。隨王所須。別勅醫博士。易博士。暦博士等。宜依番上下。今上件色人正當相代年月。宜付還使相代。又卜書。暦本種種藥物可付送。」 なお、『古事記』に「」の漢字は一切記されない。

前述通り『日本書紀』によれば、欽明天皇は庶兄・宣化天皇が崩御した後即位したとされているが、同書の紀年には幾つかの矛盾が見られ、それを解決するための議論がいくつか提示されてきた。

まず、平子鐸嶺は父の継体天皇の没年を『古事記』の527年(丁未年4月9日)とし、その後2年ずつ安閑・宣化が在位して、『日本書紀』での継体の没年(継体天皇廿五年春二月丁未)にあたる531年に欽明天皇が即位したと主張した。これにたいして喜田貞吉は欽明の即位年は531年という点では同意するが、彼の即位を認めなかった勢力が3年後の534年に安閑を擁立、彼は1年で崩御したが、続いて宣化を擁立する等欽明朝と安閑・宣化朝は一時並立し、宣化の崩御により解消されたと主張した。林屋辰三郎も大筋では喜田説に同意するが、継体は暗殺されたと主張した。

また、水野祐白崎昭一郎は継体の没年については平子説に同意するが、水野はその後は安閑が8年間在位し、535年に欽明が即位、宣化は架空の人物と見なし、白崎は安閑の在位は4年でその後はさらに4年宣化・欽明両朝が並立したとみなした。

これに対して黒岩重吾は『日本書紀』継体天皇廿五年での『百済本記』引用「百濟本記爲文 其文云 大歳辛亥三月 軍進至于安羅 營乞乇城 是月 高麗弑其王安 又聞 日本天皇及太子皇子 倶崩薨 由此而言 辛亥之歳 當廿五年矣」天皇および太子、皇子が同時に死んだという記述等を根拠にそれぞれ実際には即位していない安閑・宣化は暗殺・軟禁され、大伴金村は任那4県を賄賂と引き換えに割譲したことではなく、彼ら庶兄を推したために後継者争いに敗れて失脚したと主張した。

これらのうち、並立説については史料的根拠に乏しい事等を理由に反対する意見もあるが、もし書紀・水野説以外のいずれかが正しければ、欽明天皇は現在の皇室から少なくとも遡れる継体以降の歴代天皇では昭和・明治に次いで3番目に長く在位したことになる。しかし、いずれも推測の域を出ないのが現状である[注 3]

なお、宣化の娘で欽明の正妃である石姫皇女は、欽明即位以前から正妃となっているため、恐らく継体期から安閑・宣化→欽明と継承されることは確定しており、継体期から欽明期の混乱は、「安閑・宣化対欽明」ではなく、物部麁鹿火の妻の発言に窺えるように、「大伴氏物部氏」が元にあったと考えられ、また、中立かつ葛城氏の地位を継ぐ蘇我氏はその争いの最中に台頭できたとする説も存在する。

552年(欽明天皇13年)に百済から仏像と経文が伝来したのが日本への本格的な仏教伝来とされる。

欽明天皇は仏教の可否について群臣に問うた時、神道勢力である物部尾輿中臣鎌子らは反対した。一方、蘇我稲目は、西国では皆が仏教を信じているので日本もそうするべきだと主張し仏教への帰依を表明したため、欽明天皇は稲目に仏像と経論他を下げ与えた。稲目は私邸をとして仏像を拝んだが、その後に疫病が流行ると、尾輿らは、外国から来た神(仏)を拝んだので、国津神の怒りを買ったのだとして寺を焼き仏像を難波の堀江に捨てた。この宗教対立は子(物部守屋蘇我馬子)の代にも収まらず、用明天皇の後継者を巡る争いで守屋が滅ぼされるまで続いた。

都は磯城島金刺宮(しきしまのかなさしのみや、現在の奈良県桜井市金屋・外山)。『古事記』に「師木島大宮」とある[注 4]

2010年6月3日奈良県立橿原考古学研究所桜井市にある脇本遺跡にて大型建物跡などが出土したと発表。6世紀後半から7世紀にかけてのものであるため、欽明天皇の宮殿ではないかと推測されている[3]

(みささぎ)は、宮内庁により奈良県高市郡明日香村大字平田にある檜隈坂合陵(桧隈坂合陵:ひのくまのさかあいのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は前方後円。遺跡名は「梅山古墳(平田梅山古墳)」で、墳丘長140メートルの前方後円墳である。

古事記』には記載なし。『日本書紀』『延喜式』には「檜隈坂合陵」とある。比定には、橿原市見瀬丸山古墳(五条野丸山古墳)とする説もある。なお、檜隈坂合陵には後に612年(推古天皇20年)に堅塩媛が改葬されている。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

磯城島金刺宮の碑