屈斜路湖

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

屈斜路湖(くっしゃろこ)は、北海道東部(道東)の弟子屈町に位置する自然日本最大のカルデラ湖[2]、全面結氷する淡水湖としても日本最大の面積を持つ[3]。1934年(昭和9年)、全域が阿寒国立公園に指定された。

アイヌ語喉口、転じて「の水が流れ出る口」を意味する「クッチャ[4]」に由来し、この湖の「クッチャ」近くにあったアイヌ集落コタン)「クッチャロ」に和人が字を当てたとされる[5]

藻琴山、サマッカリヌプリなどを外輪山とする東西約26km、南北約20kmの日本最大のカルデラである屈斜路カルデラの内側に約3万年前に形成された[2]。日本の湖沼では6番目の面積を有し、平均水深は28.4m、カルデラ湖としては浅いほうだが、和琴半島東岸の旧噴火口にある最深部は117m[6]または125m[3]

湖中央部には、日本最大の湖中である中島(面積5.7km2、周囲12km)が浮かぶ。中島は直径約1.4kmのタフリングを持っており、その中に貫入している溶岩円頂丘が最高点((355m)となっている。南岸には和琴半島が突出する。中島と同様、火山の山頂が湖中島になったものであったが、尾札部川の扇状地から成長した砂州により陸繋島となった。

周囲から小河川が流入し、南端から釧路川が流れ出す。河川からの流入は、湖に入る全水量の20パーセントほどで、残りは地下から湖底に入っている[7]

道北にあるクッチャロ湖とは、呼び名が似ていることから混同されがちであるが、全くの別の湖である。ただし、語源は同じである。

初期の屈斜路湖は面積が現在の倍ほどあり、ほぼ円形の湖だったと考えられる。現在のカルデラは、東西約26km 南北約20kmで日本最大。

アトサヌプリや川湯温泉から強酸性pH2前後)の温泉水を運ぶ湯川が北東部に流入し、屈斜路湖全体もpH5前後の酸性湖となっているため魚類は乏しい。

過去には魚類が豊富だった時期もあった。江戸時代の終わり頃、1858年(安政5年)に松浦武四郎が通りかかったときにはイトウウグイ類、ヒメマスがいた。1917年(大正6年)の調査では、イトウ、ウグイ、アメマスヤマベカジカイトヨに加え、サケが遡上していた。植物プランクトンが多く、セキショウモヒルムシロのような水草が生えていた[10][11]

この状況は1929年(昭和4年)頃に一変した。この年、多くの魚種が消えるか局地的にしか見られず、水草は稀になっていた。湖水表面のpHは4.9から5.1で酸性を呈した。この後、1934年(昭和9年)頃には一時期酸性度が弱まり pH 6-7 程度まで回復し[12]、魚類の回復もみられたが、1938年(昭和13年)5月の屈斜路地震で湖底から硫酸塩が噴出したとみられ、pH4前後まで酸性に傾き魚類はほぼ全滅した[13]

このため屈斜路湖では現在でも漁業権が存在しない。2000年代以降酸性度は低減される傾向にあり、優占種は耐酸性に優れたウグイで他には放流されたニジマスヒメマスサクラマスが僅かに生息する[14]

また、和琴半島はミンミンゼミ生息の北限地であり、1951年に「和琴ミンミンゼミ発生地」として国指定の天然記念物となっている。オオハクチョウの飛来地としても知られる。

江戸時代の探検書・古地図には「クスリ・トー」(アイヌ語で「温泉」「薬の湖」の意)と書かれていた。その後、釧路川源流付近にあったコタン名「クッチャロ」(「喉」「口」「湖からの流出部」の意)から現在の屈斜路湖となった[10]

冬季には、2月になると全面結氷し[15]総延長5-10km程度[16]の日本最大級となる鞍状隆起現象 御神渡り が形成される[17][18]

アイヌの伝説では、英雄オタストゥンクㇽ、あるいはオキクルミが巨大なアメマスを捕らえて湖畔の山に結びつけたが、暴れるアメマスは山を引き抜き、自身はその山の下敷きになってしまった。その山が現在の中島である。アメマスはいまだ死にきれず、時に暴れる。そのため、道東地方は現在でも地震が多いという[19]

昭和50年代(1975年から1985年頃)に大きな影が遊泳する様子や湖面の波紋が立て続けに目撃され、この湖に巨大な未知の生物が棲んでいるという噂がテレビなどで取り上げられた。ネッシーにならってクッシーと名付けられた[19]。とはいえ、酸性が強いこの湖に大型水生生物が存在する可能性は無いとされる。実際、近年は目撃情報は途絶えてしまっている。

火山地帯であることから、周囲には火山や温泉が多数存在し、湖岸を掘ると湯が湧き出す砂湯は観光名所となっている。また湖底からも温泉が噴出している[20]。弟子屈町周辺に名湯スポットが点在している。 

騒音苦情などを受けて、湖面への個人による動力船(モーターボート水上バイク)の乗り入れが2021年10月から原則禁止される[21]

津別峠より望む

北海道道102号駐車公園より望む

湖畔

砂湯付近に群れるハクチョウ

小清水峠から見た12月末の屈斜路湖の黎明

ベネット(英語) (50Ma) | スカコム(英語版) ラガリータ (27.8Ma)* | メイリースベイル(英語版) (23Ma) | メイリースベイル(英語版) (19Ma) | イエローストーン (16.548Ma) | イエローストーン (15.8Ma) | イエローストーン (15.7Ma) | イエローストーン (15.6Ma) | イエローストーン (15.6Ma) | イエローストーン (15Ma) | 南西ネバダ (13.25Ma) | 南西ネバダ (13Ma) | 南西ネバダ (12.8Ma) | 南西ネバダ (12.7Ma) | 南西ネバダ (11.6Ma)* | 南西ネバダ (11.45Ma) | イエローストーン (11Ma)* | パストス・グランデス(英語版) (8.3Ma) | 南西ネバタ (7Ma) | イエローストーン (6.62Ma)* | セロ・グアチャ(英語版) (5.7Ma)* | イエローストーン (4.45Ma)* | パカナ(英語版) (4Ma)* | セロ・グアチャ(英語版) (3.5Ma) | パストス・グランデス(英語版) (2.9Ma) | イエローストーン (2.2Ma)* | ガラン(英語版) (2.2Ma)* | 玉川 (2Ma) | タティオ(英語版) (1.9Ma) | 十勝 (1.9Ma) | アティトラン (1.8Ma) | バイアス(英語版) (1.78Ma) | 穂高 (1.75Ma)* | ボルシェ・バナイヤ (1.7Ma) | マンガキノ (1.63Ma)* | バイアス(英語版) (1.47Ma) | 小野 (1.4Ma) | マンガキノ (1.4Ma) | イエローストーン (1.3Ma) | マンガキノ (1.24Ma)* |; バイアス(英語版) (1.15Ma) | ベイカー (1.149Ma) | カリムスキー(英語版) (1.13Ma) | 十勝 (1.1Ma) | マンガキノ (1.01Ma)* | 十勝三股 (1Ma) | 玉川 (1Ma) | 成岡 (1Ma) | 猪牟田 (1Ma) | コルベッティ(英語版) (1Ma)* | マンガキノ (970ka) | トバ (840ka) | カラボソス(英語版) (800ka) | ロングバレー(英語版) (759ka)* | アカトラン(英語版) (650ka) | イエローストーン (640ka)* | 霧島 (600ka) | ラナウ(英語版) (550ka) | オカタイナ(英語版) (550ka) | 小林 (525ka) | コルベッティ(英語版) (500ka) | 姶良 (500ka) | コパウエ (500ka) | ロスメロス(英語版) (460ka) | 姶良 (456ka) | ディアマンテ (450ka) | 白頭山 (446ka) | ブラッチャーノ(英語版) (374ka) | ラツィアーレ(英語版) (360ka) | マロア (335ka)* | 加久藤 (325ka) | カラボソス(英語版) (300ka) | ブルシーニ (300ka) | マニンジャウ(英語版) (280ka) | ハロハロ (280ka) | オカタイナ(英語版) (280ka) | 阿多 (240ka) | シャラ(英語版) (240ka) | レポロア(英語版) (230ka) | マロア (230ka) | オカタイナ(英語版) (225ka) | ロトルア (220ka) | 阿寒 (175ka) | イエローストーン (173.1ka) | コス (161ka) | カラボソス(英語版) (150ka) | 阿蘇(Aso3) (130ka) | 屈斜路 (117.5ka) | 洞爺 (114ka) | 阿多 (105ka) | ブルシーニ (100ka) | 鬼界 (95ka) | 阿蘇(Aso4) (87ka)* | アティトラン (84ka) | トバ (73ka)* | マニンジャウ(英語版) (52ka) | オカタイナ(英語版) (50ka) | ネモ (45ka) | オパラ(英語版) (45ka) | 支笏 (44ka) | ウゾン(英語版) (42ka) | クリル湖(英語版) (41ka) | ポアス (40ka) | 屈斜路 (39ka) | ゴレーリ(英語版) (39ka) | フレグレイ (37ka) | 姶良 (30ka) | タウポ (26.5ka)* | セミソポシュノイ(英語版) (9.95ka) | クリル湖(英語版) (8.455ka) | クレーターレイク (7.692ka) | 鬼界 (7.3ka) | セロ・ブランコ(英語版) (4.3ka) | サントリーニ (BC1628) | タウポ (181) | 白頭山 (946) | リンジャニ (1257) | タンボラ (1815 詳細)