亀卜

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

亀卜(きぼく)は、カメ甲羅を使う卜占(占い)の一種。カメの甲羅に熱を加えて、生じたヒビの形状を見て占う。甲卜(こうぼく)ともいう[1]

占いに使う亀の甲羅は、腹甲を乾燥させ薄く加工したものを用いる。甲羅に溝や穴を開けた部分に燃やして熱い波波迦木(ははかぎ、上溝桜[2]あるいは箒(サクラなどの木片)を押し付け、ヒビが入った状態から吉凶や方角を占う。甲羅を直接炎で加熱することはない。

起源は古代中国大陸で、の時代に盛んに行われていた。占いの結果などを彫り込んだのが甲骨文字である。代には衰え始め、代になると卜官も絶えた。

日本列島には奈良時代ごろに伝来・普及したとされるが、実際の遺跡から出土する卜甲の現状最古の例は、神奈川県三浦市の間口洞窟遺跡[3]から出土した古墳時代後期(6世紀代)のものとされる[1][4]。宮中関連の卜占は、それまでに行われていたニホンジカ肩甲骨を使った太占から亀卜へと代わった。

当時の支配層は、対馬国壱岐国伊豆国卜部神祇官の管轄下に組織し、亀卜の実施と技術の伝承を行なわせた[5][6]。卜部の技は、秘事かつ口伝であったため、材料(カメの種類や甲羅の部位など)や技術に係る未解明な部分も多い[7]。なお、古墳時代後期から奈良時代の遺跡から出土する卜甲の実例では、アカウミガメの腹甲を用いるものが知られる[8]

亀卜は、21世紀の現代でも宮中行事や各地の神社の儀式で行われている。宮中行事では、大嘗祭で使用するイネと粟の採取地の方角(悠紀と主基の国)を決定する際に用いられる。2019年(令和元年)5月13日に皇居の宮中三殿で「斎田点定の儀」が行われた。2018年に行われた準備作業では、東京都小笠原村アオウミガメの甲羅が調達されている[9]

中国王朝時代の卜甲河南省安陽市殷墟出土)
亀卜に使う亀の甲羅(左)と太占(骨卜)に使う鹿の肩甲骨(右)