中部地方

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

中部地方(ちゅうぶちほう)は、日本の地域の1つで、近代以降における本州中央部の地方[1]。その範囲に法律上の明確な定義はないが[注釈 2]一般的に、名古屋市を最大都市とする地方を指す。

日本列島の中央に位置する。関東地方東北地方近畿地方の間に挟まれた地域を指し、これらのいずれにも分類されない地域に対する暫定的な呼び名として明治後期に用いられ始めた[2]

広義では、八地方区分やそれに類似する範囲を慣用的に指す場合が多いが、狭義(企業・官庁の管轄エリア名など)では、東海地方中京圏に類似した範囲を指すこともある。

八地方区分では以下の9つの県を含み[3][4][1]、さらに日本海に面する北陸地方内陸部の中央高地東山地方)、太平洋に面する東海地方の3つの下位区分がある[注釈 3]

中央部に険しい日本アルプスがそびえること、日本の経済文化の東西の中心地である東京大阪の中間に位置することから、中部地方は東側と西側でも様々な面で違いがあり、地方としての一体の結びつきは他の地方ほど強くない。大まかにいえば、文化面では糸魚川大井川線、地質や植生ではフォッサマグナが東西の境界となる。[注釈 4][5][6]

糸魚川浜名湖線から東側は広域関東圏に含まれることがあり、特に東京都に隣接する山梨県は首都圏の一角を占めていて、文化・スポーツ面では、関東ブロックの大会(ex.箱根駅伝)への参加が圧倒的である。加えて、新潟県、長野県も関東地方・東京との結びつきが強いこともあり、山梨県と共に関東甲信越地方と分類されることが多い。他方で名古屋市を中心とする地域では、日本三大都市圏の1つである中京大都市圏が形成されており、経済やメディアで名古屋市と繋がりの強い三重県東海地方として扱われる例がある。

なお、各県内でも河川の流域や交通事情などによって細かに違いがある(静岡県伊豆地域、三重県伊賀地域、福井県嶺南など)。

前述のように「中部地方」の範囲に対して法律上の明確な定義は存在しないため、慣用的に様々な範囲が用いられている。三重県は地理的な要因では中部地方ではなく近畿地方に含める場合が多い[7]。なお、中部圏開発整備法において法律的に定められた「中部圏」(富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県[8])については、本項では取り上げない(該当記事を参照)。一般的には、八地方区分に基づく本来の中部地方から新潟県・山梨県を除き、代わりに三重県を加えた範囲が用いられる場合が多い。

以下はその一部。

「中部」の名を冠する国家機関・企業・法人は名古屋に拠点を置きその周囲のエリアを管轄する例が多く、八地方区分と比較してそのエリアは狭い。この場合、新潟県や山梨県など名古屋よりも東京に近いエリアは東京に置かれた拠点の管轄となる例が多い。

本節では、八地方区分に基づく範囲について述べる。

本節では、八地方区分に基づく範囲について述べる。



本節では、八地方区分に基づく範囲について述べる。

次のグラフは新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・愛知県・三重県の人口を合計した。

年齢5歳階級別人口
2004年10月1日現在推計人口
総計 [単位 千人]

年齢5歳階級別人口
平成16年10月1日現在推計人口
男女別 [単位 千人]


Nagoya Night View.jpg
名古屋市
Night view of Hamamatsu city.jpg
浜松市

NiigataCity.jpg
新潟市

Night view of Shizuoka Plain and Abe River(1).jpg
静岡市

名古屋市

新潟市

浜松市

静岡市

金沢市

豊田市

富山市

岐阜市

岡崎市

長野市

豊橋市

福井市

甲府市

一宮市

春日井市

長岡市

富士市

松本市

沼津市

上越市

中部地方の方言は、次のように分類される。

中部地方(2003年5月)
中部地方最大の都市である名古屋市都心部
歴史的な町並みが残る金沢市東山ひがし茶屋街
中部地方の主要地形
新潟市都心部を流れる
日本最長の信濃川
佐渡島の大野亀岩
養老山地の石津御嶽から望む濃尾平野夜景