メガ

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

メガ(mega, 記号:M)は国際単位系 (SI) におけるSI接頭語の一つで、以下のように、基礎となる単位の106(=百万)倍の量であることを示す。

例:

本来は「巨大な」を意味する接頭語で、ギリシャ語で「大きい」(great) という意味の μέγας (megas) に由来する。本来の意味での用例は、古典的な語ではメガホンメガリス、また、大きな都市を表すメガポリス、メガシティメガロポリス、近年の例ではメガフロートメガマックなどがある。

1874年、英国科学振興協会 (BA) がCGS単位系の電磁気の単位の標準化を行う際に、その一部としてマイクロとともに新たに導入された。CGS単位系で電磁気の単位を組み立てると、その示す値が非常に小さくまたは大きくなるため、それまであった接頭語だけでは足りず、新たな接頭語を導入する必要があった。1960年の第11回国際度量衡総会 (CGPM) でSIが制定される際、正式に承認された。

核兵器の威力を示すのに使われる単位であるメガトンは、メガTNTトン、つまり百万トンTNT火薬の爆発力に相当するエネルギーを表す。

情報工学の分野において、SI接頭語「メガ」は、国際単位系 (SI) の定めに従い百万(= 106)(= 1000(103)キロの1000(103)倍)を示す場合と、国際規格などで定められていない俗習[1]として1,048,576(= 220)(= 1024(210)キビの1024(210)倍)を表す場合[2][3][4]がある。

この曖昧さを回避するため、1,048,576(= 220)を示す接頭語として、国際規格(IEC 80000-13)にてSI接頭語と区別できる2進接頭辞メビ」(mebi,記号:Mi)が定められているが、「メビバイト」(mebibyte,記号:MiB)や「メビビット」(mebibit,記号:Mibit,Mib)などの単位は、あまり用いられていない[2][3][4]

また、国際単位系 (SI) 第8版(2006年)にて、メガやその他のSI接頭語を決して2のべき乗を表すために用いてはならないと定めている[5]が、大手IT企業であるマイクロソフトAppleなどが、未だ国際単位系 (SI) の定めに完全には従っておらず[2][3][4]2のべき乗を表す用法も混在する状況は解決されていない[6]