プレー式噴火

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

プレー式噴火(プレーしきふんか 英:Peléan eruption)は、火山噴火様式のひとつである。粘稠なマグマ(特に流紋岩質、安山岩質)を含む場合に発生し、ブルカノ式噴火といくつかの共通点を持つ。

プレー式噴火の大きな特徴は、成長中の溶岩ドームが爆発を起こして発生する比較的小規模な火砕流(プレー型火砕流、英:Peléean type pyroclastic flow)を伴うことである[1]。短期間の降灰や、軽石丘の形成なども見られる場合がある。

ハワイ式噴火 - ストロンボリ式噴火 - ブルカノ式噴火 - プレー式噴火 - プリニー式噴火 - ウルトラプリニー式噴火(カルデラ噴火、破局噴火

スルツェイ式噴火 - 海底噴火 - 氷底噴火(英語版)

水蒸気爆発

割れ目噴火 - 流出性噴火(英語版) - 爆発的噴火 - 陸上噴火(英語版) - 側噴火 - 湖水爆発

プレー式噴火: 1 噴煙柱, 2 降灰, 3 溶岩ドーム, 4 火山弾, 5 火砕流, 6 溶岩と火山灰の層, 7 地層, 8 火道, 9 マグマ溜り, 10 岩脈