シャロン・ストーン

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

シャロン・ストーン(Sharon Stone, 1958年3月10日 - )は、アメリカ合衆国女優

ペンシルベニア州出身のアイルランド系[1]。子供の頃IQが154と非常に高かったことも有名。

飛び級により15歳で高校に進学した年に奨学金を得て州立エディンボロ大学演劇科に進むが中退。その後ミス・ペンシルベニアコンテストで優勝。ニューヨークでフォード社のファッションモデルで成功を収め、念願の映画デビューを果たす。

1980年にウディ・アレンの作品『スターダスト・メモリー』で映画デビュー[2]。以降B級作品で活躍していたが、1990年の『トータル・リコール』でアーノルド・シュワルツェネッガーの相手役で注目された。

さらに、1992年の同監督の『氷の微笑』では、セクシーでミステリアスな小説家を演じ、一躍世界的なセックスシンボルに躍り出た。取調室で足を組みかえるシーンは、数多くのパロディ作品に出てくる。

1996年の第53回ゴールデングローブ賞のドラマ部門において、映画『カジノ』で、主演女優賞を受賞。

2004年の第56回エミー賞(The 56th Primetime Emmy Awards)のドラマ・シリーズ部門において、『ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル』で、ゲスト女優賞を受賞。

日本では、銀座ジュエリーマキヴァーナルのCMキャラクターに起用されていた。

2021年、回想録”The Beauty of Living Twice”を出版し、ニューヨーク・タイムズベストセラーとなった[3]

助監督と1984年に結婚するが1987年に離婚。その後ジャーナリストと1998年に結婚するも2004年に離婚。3人の養子(全て男子)がいる。2008年には長男ローアンの親権裁判で敗訴している[4]

映画『トータル・リコール』(1990)の公開から間もないとき、ロサンゼルスサンセット大通りで事故にあった。彼女は事故後すぐに家に帰り、脳震盪を起こしていたことには気づいていなかった。目が覚めたときには完全に麻痺状態にあり、三日間もの間床の上に横たわり泣くしかなかった。最終的に彼女が病院に行けたとき、その脳震盪は肩と顎の骨の脱臼と複数の肋骨の骨折、三つの椎間板の圧迫によるものだと診察された。

また2020年には、自宅のキッチンで落雷を受けて吹き飛ばされ一時気を失い、母親が車で病院に連れていったが命に別状はなかった[5]

長い間、メンサの会員であるとの噂があったが[6]、IQの高い人々のためのいかなる団体にも属したことがないと2002年に語っている[7]

2019年、登録していた出会い系アプリにて、複数のユーザーから偽物と判断されてアカウントが停止される出来事があった。後日、ストーンのファンらが運営会社に掛け合い、アカウントの停止処分は解除されている[8]

チャリティなどにも熱心で、エイズ治療研究を支持したり[9] 、同性愛者に対する権利運動に参加している。2005年スイスで行われた世界経済フォーラムダボス会議において、蚊帳がないためにマラリアで命を落としている毎月15万人の子供についての報告をうけて、自ら1万ドルの寄付を宣言し、30人以上のビジネスリーダーから総額100万ドルの寄付金を集め、コンテナ12個分の蚊帳をタンザニアに送った[10][11]

2009年11月20日、東京で、イタリアのジュエリーブランド「ダミアーニ」と共同で手掛けるチャリティ・プロジェクト「シャロン・ストーン フォー ダミアーニ(Sharon Stone for DAMIANI)」に関して、記者会見を行った。彼女は、米国エイズ研究財団(American Foundation for AIDS Research、amfAR)のグローバルアンバサダーを務めており、アフリカにきれいな水を供給することが目的である。

二人の娘を交通事故とエイズで失った老夫婦の「孫がいなくて寂しい」との声を聞き、その夫婦と養孫縁組をし、正式に自分の祖父母とした。

2008年5月25日、第61回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで、香港のテレビ局エンターテインメント・ニュースの取材に対して、多くの批判を受ける発言を行った。それは、中国で起きた四川大地震について尋ねられた際の彼女の以下のような評論だった。

この発言により、香港及び中国国内で非難が噴出し、インターネット上ではストーンの出演映画や中国向けの広告塔を務めているクリスチャン・ディオールの不買運動呼びかけの書き込みがなされた[14][15]。29日に謝罪声明を出したが、クリスチャン・ディオールは中国向けの広告中止を決定した[16][17]。なお、四川はチベット族が多く住む地域でもある。

・The Beauty of Living Twice (2021年) ISBN 9780525656760

シャロン・ストーン(1991年)