サムエル記

ログアウトした編集者のページ もっと詳しく

サムエル記サムエルき旧約聖書におさめられた古代ユダヤの歴史書の1つ。元来、『列王記』とあわせて1つの書物だったものが分割されたようである。また『サムエル記』自体も上下にわかれているが、これはギリシャ語聖書以来の伝統である。また、正教会においては列王記第一列王記第二と呼称される。内容的には『士師記』のあとを受け、『列王記』へと続いていく。タイトルは最後の士師であり、祭司であったサムエルに由来。ユダヤ教の分類では『ヨシュア記』『士師記』『列王記』と共に「前の預言者」にあたる。

この書物の原作者は、サムエルナタン、ガドであると伝えられている(歴代誌上 29:29)。

ヘブライ語聖書タナハ)|旧約聖書

ヘブライ語聖書タナハ)|旧約聖書

サムエル記